サンクコスト効果から学ぶ「もったいない」の落とし穴